「電脳具」カテゴリーアーカイブ

Majestouch Convertible 2

年賀3日にポチった「Majestouch Convertible 2」が到着。本体だけで有線(USB)と無線(Bluetooth)の両方どりが可能とのことで、またキーボード投資です(「人柱」ともいう)。禁酒且つ禁煙且つ謹慎?の身なので大目に見てください。暮れのDAC購入に引き続き自分への御褒美。

以前からUSB接続のキーボードをBluetooth化できるアダプタがないかと検索して、ビット・トレード・ワンから販売している「USB2BT PLUS」なるアダプタがあるのは承知していたのですが、6,980円(税別)ということで買うか迷っていたところ。その機能がキーボード本体に入っている製品がスマートじゃないか。デスクトップPCへはUSB接続、スマホやタブレットは大抵Bluetooth入りだろうから、別のキーボードを取り出して机上のスペースがさごそと作って・・・といった手間なく即接続・・・といったことができればいいな。果たしてそんなに世の中うまく行くかはわからない。

しかも・・・キー配列はあえてUS配列モデルを選んでみた。年寄りの戯言になる?けど、昭和から平成初め、Macintoshや、PC互換機に「IBM DOS J5.0/V」とか「386BSD」のインストールに悪戦苦闘していた時は、これがノーマルのキー配列だったのに、いつの間にかJIS(正式にはOADG?)配列に流されていた。

比べてみてどう・・・ということで。また新元号となるこの時期に原点回帰??よろしく、ダレた脳細胞の活性化につながるや否や。そんな高尚な理由ではなく、携帯タイプの多くがUS配列(モドキ?)なので、いっそこっちに環境を合わせた方がよかんべという、ざっくりとした理由。当時の職場で極東DOSメインのキーボード使い、自宅でのUS配列というような操作切り替えは難なくできたんだけど、その感覚を呼び覚ますことができるか。

いちおう注文に間違いないか外してみると「赤軸」モデルと確認。赤いからといって3倍速く打てるわけではなく、クリック感や押下圧の違いを色で表しているとのこと。

  実物を操作してみて判断をすべきステップは全部省き「赤軸」をポチった。

Nano pi 入魂?

積ん読ならぬ積んだままだったNano pi。普通にマイクロSDにイメージ焼いてブートすれば適当にルータ側のDHCPでIP振ってくれると思ったのに、なんかうまくいかなかったので、ちょっと冷却期間置いてました。

以前、別件で買って転がしてあった秋月名物?「USBシリアル変換モジュール」でPCターミナル上からシリアルポートアクセス。

普通に起動しているを確認して安堵。Raspberry PiでSDカードの延命に四苦八苦していたけど、こっちも似たようなものだろうか。

「塩ひよ子」とは、妹の里帰り土産。あずきあんでさっぱりした甘さだけど、あんがポロポロと崩れる感じで、やや食べにくかった。おいしいのにおしい。

ブタミン不足?

しばらく口角炎なのか、唇の左端がイタい。仕方ないのでドラッグストアで治療用リップ購入。

またimap関連で良からぬことをゴニョゴニョと。コマンドラインでメールを持ってくるという単純な機能目指しているのですがMSYS2だとうまくいかないのでイラッとする。今さらCygwinというのも。

まぁ黙って聴いてよ

モノ系雑誌ではAIスピーカネタが花盛りだけど、ググらせたり気に入った音楽再生だとかが主流のようで、こっちの状況を忖度して対応してくれるようなオツムまでは行っていないのかな。

こっちもそこまで求めているわけではなく、うちが欲しいのは、パッと思いついたことや気づいたことなどポツッと呟いたのを、ただテキスト(いつ・どんなこと)に記録してくれるといいな。いわゆる傍らで口述筆記をただ黙々としてくれるだけでいい。妙な詮索や勝手に検索など余計なお世話はしなくていい。

まぁ「そだねー」程度に相づちしてくれるのはいいかもしんないけど(藁)。

Search Regexでリンク修正

あちこちの記事で取り上げられているSearch Regexというプラグインを使って、本文内の画像リンクなどを変更。

今更なんだけど、デジカメ等の画像ファイルのディレクトリが、その当時に使っていたアプリの出力結果の痕跡を残している。スッキリまとめるのも面倒だし、これはこれで過去の格闘記録としていいかな。

残るはAmazon等のアフィリエイト関係の埋め込み等なんだけど、うーん。

パーツ類もチェックしないと

新居サイトを作り直したので、特にトラブル無くhttpsくっつけてブラウジングでき、メデタシメデタシ・・・と思っていた。
増築重ねた旧家から移してこようとするといろいろと難儀な点がぽつぽつ出てくる。アクセスカウンタに代表されるようなCGIパーツなど外部への問い合わせなどが発生するものはNGらしい。
とすると、最近は画像を他の保存管理サイトへ参照していることが多く、ここが丸見えだとこれもNGみたい。htmlとしてa、link、img等のタグをベタで打ち込んである部分はその参照先とのやりとりが素通りにならないようにしなければならないようだ。

他のサイトの引越し記事をあちこちググって「DeMomentSomTres Export」なるプラグインツールがあったので、こちらでXMLファイルで出力し、新居側でインポートしてみた。

httpsとかSSLとかめんどいけど2

SSL/TLS証明していただくにも費用がお高いんでしょうな?と傍観決め込んでいたのですが、一応フリー(無償?)からべらぼうなものまであるよう。単なる自己研鑽(お遊び)サイトで別に金銭やカード番号を要求できる価値がないので、「Let’s Encrypt」のようなべーしっ君的なものでもいいし、または年間千円前後というアメ横レベルでもいいでしょうか。レンタルサーバ側としては、顧客とはいえ自社内で野良サイトこしらえて、外部攻撃でわらわら騒動を起こされるのなら、最低限のサポートぐらいしておかないと監督不行届で云々言われると面倒い、という思惑なのかも。ネット性善説は過去の話ですかね。

シェルスクリプトマガジン Vol.52「第22回 WebサーバーをHTTPSに対応させる(Let’s Encrypt)」などでは、自宅サーバ想定でのSSL/TLS導入の解説記事が出ているが、自宅でMovable TypeやらNucleus CMSやらXOOPSやらZope(Plone)やらとっかえひっかえインストールして熱く燃えていたのは過去の話でした。

特にZope(Plone)絡みでPythonにだいぶ入れ込んでいたけど、サイトそのものや文献がまださほど多くなく日本語環境もちょいアレな状況だったかと記憶している。今ではpip使いに堕落っている。

地震災害+人災で熱も冷めて懲りたのか、自宅サーバは静かなラズパイ程度に抑え、あとは遙か北の大地にある(のかは、クラウドの彼方なので不明?)レンタルでちまちまやっている状態。

httpsとかSSLとかめんどいけど

最近のポッドキャスト界隈ではhttpsがらみのネタがあちこちで持ち上がっている。
Appleるんるん2018年02月13日
Rebuild 199: The End of an Era (rui314)
といっても今になってポッと出のネタではないけど。

新しいVer.のChromeではSSL対応ぢゃないサイトだと、あからさまに「ヤバイよヤバイよシール」が貼られてしまうらしい(という例えが適切かは不明)。もしかしたら勝手にマイニングの片棒担がせられてるのだとしたら?

特にやましいトラップ仕掛けてることはやってはいないけど、天下のググる〜様からなんかあらぬ疑いかけられる嫌な時代なんだとふてにゃんで野良サイト閉鎖しました・・・とする前に、レンタル先の対応状況ぐらいは確認しませう。つたないブログ引越し先再構築始めていたのもなにかのタイミングかもしれない。結果として、今の某レンタルサーバ(スタンダード以上)で無料SSLが利用できるとのこと。

サーバ設定メニューからドメイン毎にSSL登録を行うことで完了。ショッピング等の金銭関係はまったくないサイトなので、無料SSLでの登録。さらにブログ側のプラグインを有効化することで比較的短時間で設定が終了した。

詳細についてはこちらこちらを参照。

Hello next world! 構築ちぅ

レンタルサーバでWordPressのクイックインストールが出来るようになって幾年月(というか、気づいていなかっただけ)なのだが、既に従来の手動ごり押しで構築した環境よりはいくらかマシなのだろうかとふと考えに及ぶ。

せっかくサーバ内のサービスメニューに入っているのを放置しておくのはもったいないので、仮住まい的な感覚でサイト耕畜もとい構築してみた。管理URLと公開URLが当然異なる状況で、必要なファイルをコピーしてみると、案の定内部エラー絡みの画面になってしまい、またドツボにハマる。別にファイルの設定内容は問題無いようなのだがと。

結論としてインストール先ディレクトリパーミッションが「777」で門前払いを食らったことによる。これはいつかの同じ轍を踏んだってやつだろうか。

うまく設定ができれば、こちらに引っ越してみるとしたい。
自宅野良サーバにハマっていた時代に取得したドメインもあまり利用していない。別に希少価値のあるドメイン名でもないので、そろそろこの辺も断捨離しなければね。

Ubuntu on Lenovo S10-2

NoN師匠との、ねとぶ決蕩・・・いや決闘に惜敗(ハァ?)。
言い訳じゃないんだけど、目的はもばりななんですよぉ。

ということで、一仕事が終わったところでHDDのパーティション開け作業から始め、Ubuntuインストールを開始。
NetbookRemixも気になったんでちょっとブートCDから遊んで見る。
なんかデスクトップと操作が違うのもなんなので、通常のUbuntuのCDを焼き作業続行。
特別特殊なドライバ操作もいらずに、あっけなく完了。

LAN環境も問題なく接続でき、アップデート作業も順調。
楽なもんだよ。
えっと、最後に無線LANの環境。(Broadcom BCM4312関係)
プロプライエタリィドライバをインストールする必要があるとか。
これも選択してインストールすればOK。んでば、アクセスポイントへ・・・・

あり?、接続はするみたいだけど、dhcpが得体の知れないIP振ってくる??
はい、もうこうなるといつもの設定地獄行きです。
NetworkManagerの削除やらWPA関連の設定ファイルこしらえたり、Wicd入れ替えてあれこれ接続を試みるも、最後ははじかれる。

ふと思い直して、ルータ(WZR2-G300N)の設定を換えてみたら、あっけなく開通。
「WPA/WPA2 mixedmode-PSK」がNGだったのかなぁ(まぁ考えてみたらこんなの変態仕様か??)

とにかく、線の束縛を離れてレノ坊は独り立ちできました。
あとはBluetooth関係とS21HTとの接続だけど・・・もう疲れたのであとまわし。