「ラジオながら族」カテゴリーアーカイブ

TECSUN PL-660

以前、震災後に中華ラジオ「TECSUN PL-310」を購入しなかなかの性能でズ〜と愛用している。

ただ、最近ポッドキャストで「QRL」や「ハムのラジオ」を聴いていると、多少ハムバック?意欲が少々起きるのもあるが、残念ながら310はBFO機能がそもそも無い(のを承知でポチッとしたんだけど)ので、SSB/CWはもがふが&ぷす〜ぷす〜状態(笑)。

ということで、PL-660をポチる。

以前愛用していたICF-SW7600っぽいデザインでエアバンドも付いてきた。
ロッドアンテナで7メガをワッチしてみるとQSOの様子が聴こえた。
なんか中二病の夏を思い出すなぁ。

DSP Radio

NoN師匠としばらくぶりのSkypeで近況報告。
最近はラジオ三昧の日々だと話したところ、ラジオは中華製がアツい!というネタで盛り上がる。

 

古臭い知識でとどまっていたけど、最近の製品はDSPプロセッサ内蔵でチューニングや検波、ステレオ復調等の全てを一手に引き受けてデジタル処理するとか。
ググると詳しく解説してあるサイトが結構あり。ここは特に詳しい。いわゆるソフトウェアラジオってやつ?

 

スカイセンサー5900やICF-SW7600とかで大阪のラジオ番組やBCL・SWLで楽しんだ時代も過去のこと。

最近は適当なCD付きラジオなどでお茶を濁していた。

それでも3.11以降はラジオのありがたさを再認識。

てなわけで、今や地デジ難民家族・ラジオ三昧と化す。

 

なにはともあれ、お互いにもう完全に購入モード突入。試しにと「TECSUN PL310」をオンラインでポチっとな・・・

 

週末になり、伊勢崎に子供を塾におくり、今回の師匠宅へのおみやげを考えていたが、昨年好評だったので太田市強戸のくだもののうか「樹成恵」へ寄って、今年も「平核無」樹上脱渋柿を購入。名前の如く、樹に付いている状態で渋抜きするので、果肉がしっかりしているのが特徴。

 

途中で電話をすると、師匠から例のブツが届いたよぉという返事。おそらくうちにも届くだろう。
師匠宅へ着いたのはちょうどお昼どきなので、近くのデニーズでランチしつつ。現物とご対面。

 

2011_11_ 6_20_ 2.jpg

 

ネットの注文画面で最初はちゃちぃ感じとタカくくっていたが、結構しっかりとした造りで音質も悪くない。
デザインは往年のSONYラジカセっぽい感じ。それにしても佐野はどこの電波も入りがいいなぁと羨ましい限り。
せっかくだから、もっとコンディションのいいところで試そうということでお互い即座に唐沢山が出るあたり、なんだかなぁ。

 

2011_11_ 6_20_ 2.jpg

 

岩場へ登ってあちこちコミュニティFMやらダイアルを合わせ、なかなかの手応え。
周波数データブックを持参しなかったことがイタい。残念ながら雨足が強くなったのでペディは断念。

 

機能面で難点を言えば、SSBの復調ができなかったり、トーンコントロールが対応できないことなどをあげられるが、他のDSPチップSi4734を使ったモデルはバンドカバー範囲が共通なので、チップ側の限界なのかなぁ。アマチュアバンド7メガのモガモガ音を聞くとちょい残念ですが、基本的なラジオとしての聴きやすさはこの値段の割には必要にして十分すぎるクオリティ。今後日本では、画期的なラジオというのは需要が見込めないためなのか、出てくる可能性はほとんどないだろう。製造先がどこということはあまりこだわらず、今後さらに面白いラジオがでてくれれば思う。

 

Radikoが利根川北岸拡大

Radikoがようや〜〜〜っと群馬エリアにも対応してくれました。

うちの方は、文化放送・ニッポン放送とも夜間は海外からの混信地域。
AVANTIをFMぐんまが放送してくれないという有様。

IPhoneやiPodTouchでAM放送もクリア(すぎるとの話も・・・)に聴くことができ、とりあえず満足。

ラヂオつくば録音(覚書)

ubuntu上にて

mimmsコマンドを使う

$ mimms -t 1 mms://221.189.124.204/IRTsukuba/ tsukuba.wmv

あっそうか!と思いついて。
湘南BeachFMの場合はasxファイルをwgetあたりで落としてくる。
中身のmms行を得て同じようにごにょごにょ。

$ mimms -t 1 mms://simul.freebit.net/shonanbeachfma shonan.wmv

tオプションは分指定の録音時間。
尻尾部の出力ファイル名の拡張子はwmaでもいいみたいだけど、うちの環境では最初の再生時にエラーが出てウザいのでこのままでいいや。シェルスクリプト書いてcron回せば予約録音できるでしょう。

他のサイマル放送でもできるかもしれないけど、あまり遠方の情報を得てもと思いこれにて終了。

クレードルでインターネットラジオ化

Touch Diamond クレードル

伊勢崎の「電脳売王」でダンボールジャンク品として発見。

クレードルへのドッキングしやすさはイマサンといろいろ不満があるけど、充電機能と音声出力もあるのでまぁいいかな。iPodTouchは娘の珠算合格祝いで没収されちゃったので、ポッドキャスト環境はTouch Diamond上に構築し直してある。クレードルにアンプスピーカに繋ぎ、結構悦に入る。

ふと気がつき、サイマルラジオを確認。「おー、つくば市のコミュニティが増えてるやん」。
早速メディアプレーヤであれこれ接続設定。自宅内無線LAN経由でなんとかインターネットラジオができた、ぱちぱち。
「ラヂオつくば」はアマチュア無線クラブの番組もあるんね。学園都市ネタもあるみたい。

サイマルラジオはそそられるストリーミングです。地デジを力づくで普及させようという現状だと、アンテナも自ずと小型化する中で、FMサイズのアンテナを屋根に敷設するのもねぇ。群馬県内もコミュニティFM乱立状態だけど、めちゃくちゃな合併して、電波僻地区市民増やしてる。

小島さん暴走しすぎです・・・もっとやって!

TBSの「ストリーム」が突如終わってしまったことに激怒し、株も損切りした身です。

でもまぁ、仕事の移動の合間にはけっきょく惰性でチャンネルを合わせてしまうのですが・・・。
小島慶子姉様がスゴい、スゴすぎる。なんなんしょう?このフッ切れかたは。
ともかくも聞けなかった部分はPodcastで。
しかし公式サイトも暗黒面すぎます。

でも、おもろい。

TBSラジオ「ストリーム」終了

「バツラジ」「日曜日の秘密基地」が終わった時の喪失感再び。

スポンサーの不景気の影響なのか、内容が内容なだけ?なので、某所からの度重なる圧力でもあったのかは定かではないですが、とうとう終了ですか。残念ですね。

新聞やテレビに戻る気にもなれないし。

「スタンバイ」「ディキャッチ」はまだ続くらしい。

後番組は小島慶子アナということで、悪く言えば経費節減?
えっ、「アクセス」「ラジオなんですけど」はどうするんでしょう?。

もう、デジタルラジオに期待することもないかなぁ。

バツラジが終了

「夜な夜なニュースいぢり 宮川賢のバツラジ」が終わってしまうそうです。
日々のニュースや、それに関連するネタで異色の報道番組?でした。
終わってしまうのは残念でなりません。
そろそろマイ深夜放送ブームも終焉の時かもしれない。

周波数は大当たり?

総務省関東総合通信局のプレスリリースにて、桐生のコミュニティFM局(FM桐生)の内容が出ていたが、周波数みてぶっ飛び。偶然かはたまたいくつかのチャネルから選択できたのかは不明。ちなみに送信場所はここらしい。
[map:桐生市仲町3丁目6-32:S]
ためしに、手持ちのラジオでワッチしてみたが室内ではNG。外だと試験放送が聞こえたがノイズ混じり。まぁエリア外だしね。そのうち愛称でも募集されるだろうが、個人的には「FMフィーバー」とでも呼ぼうかな。あっそれだと平和が怒るか?。
いずれにしても歳がバレルな(^^ゞ。

中波の愉しみ

安住紳一郎の日曜天国」にて、ゲストは身内のTBS職員。ずいぶん経費節減かぁと一瞬思ったが、それが送信所所長となると、へたれハムの端くれだからぐいと引き込まれた。
AMラジオは東京タワーではなく、各地の送信所から電波が送られる。文化放送は埼玉県川口市、ニッポン放送は千葉県木更津市、NHKは埼玉県久喜市といったあんばい。すみません、TBSのことすっかり忘れてました。埼玉県戸田市だったんだ。そういえば、アマチュア無線の免許をとって知人以外で初めてQSOしたのは戸田市の局だったかと思う。めちゃくちゃ興奮した。
1978年に周波数が10kHzステップから9kHzステップに切り替わった話などは、当日の深夜にドキドキしながら待っていたが、なんかあっけなくて拍子抜けしたことも懐かしく思い出された。ループアンテナを自作して、名古屋や大阪の局に合わせ、関東でメジャーになる前の鶴瓶師匠や兵藤ゆきの番組に聴き入ったり、同じ番組を放送時間の違う地方局に合わせて二度聴きするなどのしょうもないことをやっていた。鉄道マニアが時刻表を読むことで、まだ観ぬ地を訪れる疑似体験をするように、地方局のかすかな信号に耳を凝らしていた。今では民家や工場、電子機器が増えたことによるノイズ源だらけの環境では、こういったこともまず無理かもしれない。

OTTAVA

Contemporary Classic Station OTTAVA by TBS
TBSのデジタルラジオコンテンツとして、最近頻繁に宣伝しているクラシック専用チャネル。エリアから遠〜〜く離れた僻地でもネット上でストリーミングされているので、聴くことは可能。BGMで軽く流しておいて、気になったときには曲名チェックできるので、まぁ便利。
通常のAM番組プログラムと専用プログラムが聴けるんかなと思っていたけど、勘違いだったみたい。ラジオ党としては、通常プログラムをノイズ無しで聴ける方がありがたいのですけどね。
鳴り物入りで始まった地デジも近くの広沢送信所は相変わらず群テレと放送大学のみ。新生活になってもフレッツ光は「No OK!」。どっちもCMだけが虚しく流れる。

鉄道と音楽

TBSラジオでほぼ毎日聴いている(というか、PCで自動留守録して)「ストリーム」の中でも、毎日14時からの「コラムの花道」は外せない。木曜日はどちらかというとサブカル・スピリチュアル系のゲストが入れ替わるのだが、今回はいきなし向谷実氏。思わず15時からじゃないのというツッコミ。テーマは「鉄道と音楽」という期待どおりの鉄分ネタ。
PS3版「Train Simulator」の内容や九州新幹線の膨張系?駅メロや車内チャイムを披露。某鉄道会社の路線全ての駅メロを作曲しているとか。全てを聴くと一つの曲になるらしい。気になる。おまけはドレミファインバータ!?。放送の内容はこちらで聴ける。
15時からのサウンドパティスリーのゲスト「Perfume」にもかなりブッ飛んでしまった。今日の放送はオタ色過剰摂取、ゲプッ!