自転車乗り今年度精算

昨晩までごりごりと印刷していた年賀状を隣町の郵便局までじてこで届けに行く。
朝から気温も低く今にも降りそうな天気。グローブをしても手先が痛いほど。郵便局に着く頃にやっと体が温まる。かじかんだ手で地域別に分けて投函して帰路に就く。
途中から雪が少し降り出し、帰宅後に本降りとなる。あぶないあぶない。
というわけで、今年の自転車生活は終わり。
走行距離:8.6km
積算走行距離:1528km
7月あたりからぼちぼち自転車通勤に切り替えてきたが、秋雨が予想以上に伸びたため、思ったほど乗っていないことを痛感。体重の減少は結局ほとんどなく、体脂肪が少し落ちてきたかなという程度の結果だった。
来年も、とにかく継続することを目標にがんばってみよう。

冬至のじて通

冬至の日。天気予報では風がきつそうなのだがとりあえずVAAMを飲んで出発する。朝方はほぼ西風。冬至とはいえ寒さはさほど感じない。年明けの頃が冷え込みが厳しくなるだろう。それほどきつくなくペダルを回せる。
帰路に就く時間帯は、例外もあるが一時的に風が弱まる時がある。そこにうまくあたり、そこそこのスピードで進めた。
通勤ルートは街灯も無く、暗がりの中でライトだけを頼りに走らせてきた。冬至も過ぎてこれからは徐々に明るくなるだろう。
走行距離:30.7km

怖いモノ見たさのJandek

TBSラジオ「ストリーム」を移動中の車内で聴いていたら、お気に入りのコーナー「コラムの花道」で、Jandekなる歌手???の話題で盛り上がっていた。
アシッド・フォークとか言われているみたいなのだが詳しいことはようわからん。テキサス出身で26年間活動しているということ以外は、マスコミにもほとんど出ていないらしい。
一部を聴いてみて背筋が寒くなるほど曲を呈していない感じ。小西克也氏も興味津々というところか。確かに夜中に聴くと眠れそうにないなぁ。

セグメンテーション違反

省スペースケースPCのDebian(Sarge)で、急にエラーメッセージが出てきた。
wgetパッケージあたりがおかしいようだが、アップデートもうまくいかずアセる。仕方がないので、バックアップをとって、一か八かのリブートをすると、なんとか元に戻った。結局のところ原因は不明。
フルタワーのサーバーはほとんどトラブルは無く、省スペースPCの方はこれで2回目。なにかハード的な問題なのか・・・不安。

「おめでとう」 書いて「何が」と 問う賀状

TBSの番組「荒川強啓デイキャッチ」での近藤家元の一句。
12月に入って、年賀状の写真はどこで撮るとかカミさんと話をしていたんだが、こう問われてしまうと妙にテンション下がってしまいました。
なんだかよくわからん民営化でどうなるんだかわからない郵便局に、葉書代つぎ込むのもそろそろやめにしてもいいかもしれない。増税論議がお盛んなようなので、まっ先にきらせていただきます、そのうちに。

無風のじて通もキツいんだね

休日中の異常夏日とは違い、冷え込む朝にペダルをこぎ出した。無風状態でラッキーと最初思ったが、これが大きな間違い。
寒さで顔面とグローブをした指先が痛い。これでは多少風があった方がいいんだなぁとあらためて感じた次第。犬とおぼしきうんこ地雷を間一髪で避けつつ8kmほど進むと、ようやく体も温まってきた。川沿いのサイクリングロードに出るとやはり気温が幾分高いのに気づく。これも水の物理性ってやつ?。今日はたばこを自販機で買う余裕もなく、ぎりぎりで事務所へ到着。
帰路も今日は風が無く、ほどほどのスピードで進めた。やはり道路沿いの民家から流れる夕食の匂いがツラい。結局、夕食は新米ごはん二杯をおかわり。うーむ、大丈夫なのだろうか。
走行距離:30.7km

夏日というような陽気の中、ホットカーペットを買う

12月だというのにTシャツでいられるような陽気に気味の悪さをおぼえる。そんな中でホットカーペットを買いに太田の電機店へ出かけた。明日から冷え込みが厳しいようなので、多少なりとも役立てばいいのだが。
「びっくりドンキー」で子供らと昼食をとり、近所のトイザらス、PCデポ、蔦屋書店とはしご。書店はあまり欲しいものが無かったので、ブックマンズへ移動。
購入したもの
・1950??2004時代のアイコン
・大人力検定
・川原泉の本棚
・サンダーバードで少々生き方を学んだ
何の脈絡もないセレクション。

郡山みやげ

ままどおる

NoN師匠がお歳暮にめんたいことお菓子を持ってきてくれた。毎年申し訳ない。
仕事の関係で郡山へ行っていたそうで、そちらの銘菓というのが「ままどおる」というお菓子。さっそく子供らといただく。しっとりして結構いけます。「すごい甘いよ」と言われていたけど、思ったほどしつこくなく食べられました。

車検の季節

一つ仕事の山越え終わってほっとする。
ほぼ定刻に事務所を出て、自車ディーラーへ向かう。マフラー関係のパーツ交換を終えて、今回の車検修理完了。ちょっと出費が痛いが仕方ない。初代CR-V、なんとか乗り続けないと。