「ぱそこ」カテゴリーアーカイブ

静かでいいな・・・ん?

購入した赤軸モデルを実際にタイプしてみると、日常打ちしている「REALFORCE 108UH (モデルNo.SA0100)」が荷重45gで、スペック上は同じなのだが、新品のためなのか気持ち分軽やかで妙なフワフワ感は無いと思われた。なおゆっくり押しでのクリック音は無い(「有り」は青軸や茶軸のようだが)。とすると、黒軸モデルは現状よりも?っと重めなのだろうか。自分の記憶を遡るとMacintosh Plusのキーボードは結構重めだったなぁ・・・もう昭和の思い出なので。とはいえ、比較打ちするには都内ヨドバシ系かビック系の大店舗にでも行かないとだめだろう。

Majestouchのモデルは以前にも衝動買い(FKB108M/JW)したが、カチャカチャ音が気になった。今回のモデルは、幾分は抑えられているが、自室でのタイピングでは少し響く感じがした。今まで殆ど意識していなかったが、自分のタイピングが世間で言うところの「底打ち」をしている、というものなのだろうか。もっと力を抜いて軽めの操作で十分なのかもしれない。このへんは無意識~感覚的なものなのでなんとも表現しがたい。

こういうことは気になり始めるとキリが無い。物理的な方法で少し改善されるのか不明だが、「サイズ Cherry MX軸対応 静音化リング MXORDP」を試してみることにしてポチった。

ちっちゃな白色透明のシリコンリングなので、遠視??にはちとツラい。

専用器具でキートップを全て外し、軸にはめ込む作業はプチ修行状態。実際に試してみると、カチャカチャ音はギリギリレベル以下に抑え込まれたか・・・といった程度かなぁ。無いよりはいい感じで一般的な事務所レベルなら気にならないとは思う。

音ってキーボード筐体自体も影響するだろうから、これ以上やるとAudio系の底無し沼様にハマりそうなので、どこかで妥協しないと。こちらに東プレとの比較がされているので参考になるかと。静音化リングを咬ませることでピンク化したということかな。

いい加減、キーボードの選択にあーだこーだ言うよか、元のUS配列感覚に戻る方が先だろうね。

Majestouch Convertible 2

年賀3日にポチった「Majestouch Convertible 2」が到着。本体だけで有線(USB)と無線(Bluetooth)の両方どりが可能とのことで、またキーボード投資です(「人柱」ともいう)。禁酒且つ禁煙且つ謹慎?の身なので大目に見てください。暮れのDAC購入に引き続き自分への御褒美。

以前からUSB接続のキーボードをBluetooth化できるアダプタがないかと検索して、ビット・トレード・ワンから販売している「USB2BT PLUS」なるアダプタがあるのは承知していたのですが、6,980円(税別)ということで買うか迷っていたところ。その機能がキーボード本体に入っている製品がスマートじゃないか。デスクトップPCへはUSB接続、スマホやタブレットは大抵Bluetooth入りだろうから、別のキーボードを取り出して机上のスペースがさごそと作って・・・といった手間なく即接続・・・といったことができればいいな。果たしてそんなに世の中うまく行くかはわからない。

しかも・・・キー配列はあえてUS配列モデルを選んでみた。年寄りの戯言になる?けど、昭和から平成初め、Macintoshや、PC互換機に「IBM DOS J5.0/V」とか「386BSD」のインストールに悪戦苦闘していた時は、これがノーマルのキー配列だったのに、いつの間にかJIS(正式にはOADG?)配列に流されていた。

比べてみてどう・・・ということで。また新元号となるこの時期に原点回帰??よろしく、ダレた脳細胞の活性化につながるや否や。そんな高尚な理由ではなく、携帯タイプの多くがUS配列(モドキ?)なので、いっそこっちに環境を合わせた方がよかんべという、ざっくりとした理由。当時の職場で極東DOSメインのキーボード使い、自宅でのUS配列というような操作切り替えは難なくできたんだけど、その感覚を呼び覚ますことができるか。

いちおう注文に間違いないか外してみると「赤軸」モデルと確認。赤いからといって3倍速く打てるわけではなく、クリック感や押下圧の違いを色で表しているとのこと。

  実物を操作してみて判断をすべきステップは全部省き「赤軸」をポチった。

キーボード掃除

今年はキートップ引き抜き工具で暗部をさらけ出してみると、出るは出るは~やら~やら(自主規制)で、ブラシで掻き出してパチパチと戻す単純作業。これやると、もう大掃除完了のような気分になってしまうので、最後にやるべきだった。

掃除後に、我が家の受験生を送り、年末の買い物に出かけた。某所の「ジョイフル」でいつものモーニングランチ・・・じゃなかったモーニングを昼にいただく。ダイニング照明を気取ったクリプトン球の吊り下げ型からそっけないLED球に交換。ライティングレールから替えると工事費とかかかるので、これは残したままにする。そのうちに交換しよう。

FX-AUDIO「XJ6」

昨日届いたFX-AUDIO製DAC「XJ6」で、ろくにスペック調べずにポチったため、S/PDIF入力端子があるのに開梱して気づく。マザボに同出力ポートがあったが、今まで使用したことなかったし、USBポート使うのよりはこっちの方がいいだろうという素人判断で、今更ながらS/PDIFのお勉強。XJ6は光と同軸の両入力が可能だが、マザボは光出力端子のみなので、これ専用のTOSLINKケーブルを近所のヤマダで購入。ハードオフの方が良かったかな。ケーブル自体も今まで手に触れた事もない初心な私で、思ったよりはふにゃふにゃなのね。もっと硬いのかと思ったわ(表現は「5時夢」なみ?)。
「X6J」から中華アンプへの接続がRCA経由なのは仕方ないか。

品質差を表現するだけのスキルはないのですが、無事に音も出て、とりあえず気になるようなノイズは皆無、クリアな音に変化・・・プラシーボ・プラシーボ?!。あとは、無線機使用時の回り込みなどがなければヨシとします。

 

MSYS2妙なエラー

pacmanで一律アップデート掛けてから変なエラー障害 pythonとruby各パッケージ関係が変な動作をする pipではbinutils等がローカルの方がVersionが新しいなど云々で変なメッセージを発するようになったからなのか不明だが、怪しいパッケージをダウングレードしてなんとかまともに動くようになった。 gemではopensslパッケージのVersionが合っていなかったのか、パッケージダウングレードしたらうまく動いた。imap系も問題無い。 一部だけ勝手にバージョンが上がってもトラブルの元になるのだろうか。とにかく、普通に動いてくれれば問題はない。

USB2BTplus

詳細を解説しているブログをチェック

スマホタブレットでもキーボードを使いたい場合がそこそこかこれからは出先でも必要になるのではと前々から何かしら既製品のキーボードを探してみても、なんか薄っぺらの叩くとフニャパチ的な感触で日光手前状態で留まっている。

できれば普段使いのキーボードをなんとか青歯化するアダプタでも無いかと探してみるけれど、あまり需要がないのだろうか。ラズパイでアダプタ化するのもなんか大げさだし。 自分の用途としては、普段使いはデスクトップPCにUSBキーボードとして、ちょっとカバンからタブレット取り出して、こちらで文書書きする際に、デスクトップに繋がっているキーボードをボタン一発でタブレットにペアリング(その間は、デスクトップとの縁切り状態でかまわない)。ついでに他のスマホへの浮気も逐次もおk。で、タブレット・スマホでの用済み後は、またデスクトップPCに復縁・・・といったあんばい。

機嫌悪っ

会議で帰りが遅くなったが、昨日の興奮さめやらぬとかで、またVine Linuxにとりかかる。

これはハマったか?それにしてもインストールし直した窓95はなんか調子悪い。
すっかり設定の仕方忘れてる!!

HDD交換

自宅メインマシンを開け、ハードディスクを交換。とは言ってもマスターとスレーブの交換のみ。これで窓95も少し余裕ができた。とは言っても(しつこい!)本当の目的は、Linuxのインストール。

NoN師匠のインターネットビューカム液晶が壊れたということで、いっしょに計測技研に行く。

とはいうものの、私は何も買わず。社長から「どうしちゃったの?」とかなり言われてしまった。だってぇしょうがなぁーいじゃない。家庭があるんだもん(悲)。

帰りにT-ZONE宇都宮店に行ってみると....つぶれてた(驚)。

しばらくNoN師匠作戦司令室?にて雑談。
DR-DOSの話に話題が。いかんまた洗脳されそう(笑)。
夕刻、久しぶりに館林のKMUG前田さんの店Bistro LaNaigeに行く。JAの場風、もとい!ジェノバ風スパゲッティに舌鼓したあと、新海さんからの贈り物、ノートPCを受け取る。

マック使いとわいえ、NoN氏と前田さん初対面。
話合うかなぁと思ったが、濃いぃぃ!!話に花が咲いたようで、私立ち入る隙なし!!

BIND設定

知人からNECのモニタを譲り受ける。これMacにつなげないかな。

子供の日なので、家族ドライブ。APITAで買い物。

家に帰ってFreeBSDマシンのBINDの設定に取りかかる。Versionが8になったので設定の仕方がよく分からなかったけど、「SoftwareDesign」の記事を参考にいそいそと設定してみる。なんとかネームサーバーが動いてくれるようになった。これで一歩前進。

PPxP

「UNIXMAGAZINE」にPPxPなる記事が掲載されているので、これをFreeBSD3.1マシンでコンパイルしてみた。おっと、gmake使うのね。ちょいハマりモード。でもとりあえずインストールは大丈夫のよう。でも設定でハマる。まぁゆっくり遊ぼう。

FreeBSD3.1

復活したマシンをどう活かすか?!。
言うまでもない、FreeBSD専用マシンに復帰させる。
「UNIXUSER」付録CD-ROMのFreeBSD3.1をインストールしてみる。

無事終了、やりー!。でも体調はわりー!(季節はずれの風邪なのです)。