パンの耳でひとときの幸せ

奥方がパン屋へ行ったらしく、子供らもめいめいで好きなパンをもぐもぐ食べている。
自分用にと渡したのは、耳の部分を集めた袋。いえね、サンドウィッチで切り落とした細長いヤツではなくて、食パンの両端のおっきいやつさ。これがいいんだな。だって一斤に二枚しかとれない(笑)。食パンのカマと勝手に命名している。
給食の思い出ではいろいろな意見が出るけど、なんにせよパンの耳の部分をそぉーっと剥いて食べるのが好きだったのよね。白い部分だけ食べて残す女子とはつき合えないなんて(なんじゃそれ?)。「まい泉」のポケットサンドなんてバチ当たりめぇ!(八つ当たり)

「パンの耳でひとときの幸せ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください