早春のロウバイ探し

あしかがフラワーパーク

昔の記憶で「好きな色は?」と聞かれると、ピンク(というよりは桃色といった方が正解)と黄色と答えたかったのだが、やはりそれは恥ずかしかったので口ごもっていたものだった。
桃色は、かつて周囲に桃の木がたくさん植わっていた土地柄のため、春先の花の色が脳裏に鮮烈に焼き付いていたためだろう。
対して、黄色はなんだろう?となかなか思いつかない。
菜の花?レンギョウ?菊?もしかしたら花の色ではないかもしれない。
ロウバイは年があらたまって最初に見かけるような花。
透き通るような黄色と香りがたまらない。

ロウバイ

最近はロウバイを観光スポットとして紹介する記事が多い。秩父や松井田などがその例だ。
まとまって植栽されていれば、さぞかし周囲はよい香りだろう。ただ、この時期はなかなかよい機会にめぐり逢えないし、距離もある。
今日は久しぶりの陽気に出かけてみる。あしかがフラワーパークまで家族とドライブ。西へ向かうよりは、日中の風も穏やかだろう。風はほとんど無く、入場無料期間のためか結構賑わっている。園内は冬眠時期といったところで蕾はまだ動く気配はない。子供らはすべり台や池の氷割りに夢中。
園の端っこに、お目当てのロウバイが点々と植えてあり、近づくとかすかに香った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください