町内をゆるポタ状態

台風が接近。雨の予報だが、せっかく自転車感覚に慣れてきたのにこの感覚を中断させられるはいやだ。だがいつ雨が落ちてもおかしくない。まぁ遠出はやめて、近所を流すことにした。雨が降り出せばすぐに帰宅できるし。その前に、昨日購入したボトルケージを取り付ける。
流すと言っても中学時代の通学路から岩宿遺跡近辺へ。そして後は気の向くまま西へ。赤堀町へ入る手前でコンビニでペットボトルの緑茶を購入。三割ほど飲んで、ボトルケージへ入れる。なんだかサイクリングっぽくなったといい歳こいた人間がほくそ笑む。舗装道も町はずれになると亀裂を生じていて振動が結構気になる。四輪ならまったく気にならないんだけどね。
ここまで来たんだからと赤堀町から東村へ。ペダルを回しながら途中、危なっかしい手つきでボトルを取り出しお茶を一口飲む。飲み込んだ液体がすぅーっと汗ばんだ体にしみ込むような感覚に妙に感激する。ちょっと得したような気分。新婚時代のアパートの側を通りながら懐かしく思ったりして、多少風が強いが焦らずに走らせる。
まぁそんなこんなで約25kmの行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください