アメダス移設はヒートアイランド隠し

知らない間にアメダスがひっそり移転させられているみたいですがその理由がおもしろい。
「市街地開発などによる周辺環境の悪化で移転を迫られるケースが相次いでいる」
その環境の中で人が住んでいるのだから、その悪化を継続して記録してもらいたいものです。
無節操な都市計画とイメージが悪くなるから、おえらいおやくにんさんからなんかあったんではないかと勘ぐってしまいます。
むしろ郊外に増設してほしいですね。
まぁカネガネーゼで一蹴されてしまうでしょうけど。

「アメダス移設はヒートアイランド隠し」への2件のフィードバック

  1. 館林のアメダスは市中の消防署内にあるので、気温が数度高くなりますよね。桐生は手軽な町おこし??目的で風通しの良い広沢の渡良瀬川河川敷のアメダスを、街中に再度移設すればいいのではないかと。そうすれば館林や熊谷と良い勝負できるのでは?と思ってます。太田にも設置してほしいな。

  2. 「あついぞ!熊谷」ってのも自虐的なのかポジティブ感覚なのか
    なんだかなぁって感じますよぉ。
    館林近辺でゴーヤが特産になりつつある時代なんすね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください