なぜそこにあるのか?右から左へ受け流せ!

いや、受け流してはいかんな。
神社の系譜 なぜそこにあるのか
神社の系譜 なぜそこにあるのか
タイトルにつられて購入。神社仏閣というと、困ったときの何とかという関わりしか持たない現代育ちの(罰当たりの)身であるので、なぜこの場所に存在するかという意味まで考えたことはない。本書の中では寺社・山・古墳などの位置と太陽軌道や方角との関連性について調べ、自然暦(春分・夏至・秋分・冬至等)との一致や怨霊を封じるためのしくみなど各地の事例を紹介している。わかってしまえばなーんだで終わってしまうが、先人の意図が感じられてなかなかおもしろい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください