夜の上武国道を走る

夜の上武国道

仕事関係の動員で前橋に行くことになり、意を決してじてこで向かうことにした。自宅から市街地まで概ね20kmの距離。
国道50号線は、道幅が笠懸??上武国道交差地点までは狭いので自転車でとろとろ走ろうものなら、ドライバーの冷たい仕打ちを受けること必至。やむを得ず農道や工業団地内の舗装路を選んで進む。群馬ってところは、平坦部は河川が南北に流れているところが多いため、当然直西進行は難しく、川にぶつかれば橋のあるところまでずれるあみだくじ経路となる。前もってルートを吟味しないといけないみたいだ。


結局上武国道へ出たわけだが、こちらは非常に側道が広く、自転車を走らせるには好都合。そこから50号線を経由して市内東部環状線までは快適にペダルを回せる。
さて、そこからはまた道が狭くなり自転車には厳しい。路面は何代にも渡る道路工事跡がモザイク状になり、振動が体に堪える。両毛線沿道へ逃げようと思ったが、こちらは帰宅車の抜け道ルートでひっきりなしに車が行き交い、ビビりまくって結局国道へあえなく引き返すことにした。
東急ホテルのある五差路あたりからはなんとか自転車にも優しくなり、なんとか集合場所に着くことができた。概ね100分の行程。やはり通勤には厳しいかな。
帰路についたのは22時過ぎ。ほぼ行きと同じ道を引き返していく。薄いウインドブレーカでちょうど良い位の冷え込み。ハラが減ったので、途中でラーメン&ギョウザを平らげ帰宅する。
今日は太田間往復と前橋間往復。
走行距離:78.2km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください